Crypto Web3

【速報】TwitterアイコンがNFTに対応!SNSの未来の可能性とは?

こんにちは。Web3 JAPAN編集部です。

 

本日、世界を揺るがしかねないニュースが飛び込んできました。それは「TwitterアイコンがNFTに対応した」というものです。

 

下記がそのツイート。

 

ただ、なかには「それの何がすごいの?」と感じた方もいるかもしれません。そこで本記事では、次のことを解説します。

  • TwitterのNFT機能の概要
  • TwitterがNFT対応したことの意味
  • Twitterの今後の動向予測
  • 予想されるTwitterの懸念点
  • 今後SNSはどうなるのか?

 

できるだけわかりやすく解説するので、NFTやWeb3、今後のSNSなどについて興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

ちなみに本日開催したイケハヤさん(@IHayato)とのTwitterスペースの内容も一部含まれているので「聞き逃した!」という方も、ぜひ読んでみてください。

 

それでは、内容を見ていきましょう!

 

【用語解説】NFTとは

NFTとは「Non-Fangible Tokens」の略で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれる。つまり固有の所有権を持つデジタルデータ・コンテンツのこと。そのため画像や動画、音楽、ゲームアイテム、テキストコンテンツなどをNFTにすると固有の価値がつき、売買などができるようになる。

 

TwitterのNFT機能の概要

今回実装されたTwitterのNFT機能は、下記ツイートの動画を見ると想像しやすいはずです。

 

ポイントをまとめると次のとおり。

  • Twitterの月額オプションサービス「Twitter blue」に加入するとアイコンをNFT画像にできる
  • Twitterがメタマスクなどの暗号資産ウォレットにあるNFT画像を読み込んでアイコンに設定できる
  • NFT画像をアイコンにすると六角形になる
  • アイコンをタップするとNFT情報が表示されて、どのようなNFTかを確認できる
  • アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのみの実装で日本ではまだ使えない

 

確認してみると、本当に六角形になっていました。

 

そしてアイコンをタップすると、次のようにNFT情報が表示されます。

 

NFT情報の最下部までスクロールすると、アイコンに設定されているNFTマーケットプレイス(Opensea)へ飛べるリンクがありました。

 

飛ぶと、次のように取引画面になります。

 

今回実装されたサービスは以上です。

 

TwitterアイコンをNFT画像にできるのは「Twitter blue」という月額サブスクサービスを利用している人のみ。

 

しかし「Twitter blue」は現在アメリカとカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでしかリリースされていないので日本ではまだ使えません。

 

ただ、実はTwitterメニューの『設定・プライバシー』を見ると、すでに「Twitter blue」の項目があるので、日本で使えるようになるのも、そう遠くないはないと予想できます。

 

またNFTに詳しい方向けの話ですが、NFTにできるのは今のところイーサリアムチェーン上のものだけでGiveawayでもらったポリゴンチェーンのNFTは使えません。

 

TwitterのアイコンをNFTにできる意味とは

ここまで読んで「えっ、それだけ?」と感じたかもしれません。そう感じるのも無理ないですが、暗号資産やWeb3の理解を深めると、そのすごさがわかります。

 

ただそれらを勉強するのは時間がかかるので、今回のニュースの何がすごいのかを簡単に紹介しますね。

TwitterアイコンをNFTにできるすごさは次の2つ。

  1. Twitterで保有の証明ができるようになった
  2. Twitterと暗号資産ウォレットを連携できるようになった

それぞれ、解説しますね。

 

その①:Twitterで保有の証明ができるようになった

TwitterアイコンにNFT画像を設定できることで、保有の証明をできるようになりました。

その点について、イケハヤさんがツイートでわかりやすく解説いてくれています。

 

簡単にいうと「このデジタルデータは私が持ってるよ〜」ということをTwitterで表明できるわけです。

 

たとえば、次のようなことができます。

  • 大人気マンガのNFTをアイコンにして満足感を得られる
  • 自分がほしいNFTの所有者がどのような人かをTwitterアカウントから読み取れる

 

本来、マンガのキャラクターなどをTwitterアイコンにするのは著作権違反ですが、公式が発行したNFTなら合法的にそれができます。

 

以上のことをイケハヤさんは、次のように説明していますね。

 

NFTで保有の証明ができれば、デジタルデータをファッションとして使ったり、資産の証明として金融的なやりとりができたりするわけです。

 

その2:Twitterと暗号資産ウォレットを連携できるようになった

またTwitterと暗号資産のウォレットを連携できるようになった意義は、とてつもなく大きいです。

 

今のところ、Twitterでできるのはウォレット情報を「読み取る」程度ですが、さらにTwitterとウォレットの連携が密接になればできることの幅は広がるでしょう。

 

たとえば次の感じ。

 

  • NFTの売買
  • 暗号資産の売買(スワップ=交換)
  • 暗号資産の送受金

 

他にもクリエイターに「いいね」を押すのと同じくらい簡単に、お金を渡すこともできるかもしれません。

 

「Twitter=暗号資産ウォレット」となる未来も、そう遠くはないということでしょう。

 

Twitterの今後の動向予測

「TwitterアイコンがNFTに対応した」というのは、Twitterの今後の進化の入り口にすぎません。

そこで、ここからはTwitterが今後どのようなことをしていくのかの予測をしたいと思います。

 

予測できるTwitterの動向は主に次の3つ。

  1. 独自NFTマーケットプレイスの立ち上げ
  2. 独自の暗号資産ウォレットの開発
  3. 独自通貨の発行

 

以上の予測については、信ぴょう性ある情報を元にしているわけではないことをご了承ください。

 

その①:独自NFTマーケットプレイスの立ち上げ

今後、Twitter独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げてくると思います。

 

すると、Twitter上だけでNFTの売買が完了します。

 

今はOpenseaと連携しているので、

  • Twitter用のアイコンをOpenseaで探して買ってから、Twitterでアイコン設定
  • Twitterで気になるNFTを見つけてもOpenseaで確認する必要がある

といった感じです。

 

が、TwitterがNFTマーケットプレイスを実装したら、以上の手続きがすべてTwitterアプリ上で完結します。

 

またTwitterでNFTマーケットプレイスができたら「自分のツイートなどのコンテンツをTwitter上でNFTにしてすぐに売買できる」といった環境も整うでしょう。

 

Twitterの強みは「すでに世界中の多くの人に活用されている点」なので、NFTが一気に世間一般に普及するきっかけにもなるかもしれません。

 

するとコンテンツクリエイターやインフルエンサーなどの情報発信者のマネタイズの幅が広がります。

 

ちなみにTwitterの独自NFTマーケットプレイスのローンチは、何も突飛な予測ではありません。

 

最近でいうとLINEが独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げるとニュースになりました。

 

まだ発表はありませんが、今後TwitterもNFTマーケットプレイスを立ち上げると思われます。

 

その②:独自ウォレットの開発

次にありえそうなのが、Twitter独自の暗号資産ウォレットの実装です。

 

今はメタマスクなどの他のウォレットサービスと連携するようになっていますが、Twitterアプリ自体がウォレット化してもおかしくありません。

 

繰り返しになりますが、Twitterがウォレット化すると、Twitter上で次のようなことが実現します。

  • NFTの売買
  • 暗号資産の売買
  • 暗号資産の送受金
  • 他のサービス不要のクリエイターや情報発信者への投げ銭

 

言葉にすると簡単ですが、実は想像以上に世界にインパクを与えます。

 

たとえば世界には17億人もの人が銀行口座を持たず、そのことで給与の振込や就職すらできない人が大勢います。

 

しかしTwitterがウォレット化すると、銀行口座を持たなくてもTwitterさえしていれば銀行機能を利用できるわけです。

 

一気に世界の経済が活性化するのが理解できるでしょう。

 

またクラウドファンディングサービスも、なくなるかもしれません。

今のクラウドファンディングの仕様は次のようになっています。

  • クラウドファンディングサービスに事業やサービス内容を提出
  • 審査に通過すればサイト・プラットフォームに掲載できる
  • 掲載された事業・サービスを見かけた人が共感すれば資金提供
  • 資金から10〜20%ほどの手数料をサイト運営側に支払って資金を受け取る

 

上記の問題点は、次のとおり。

  • 審査の合否は運営側の条件次第
  • サイト・プラットフォームの閲覧者が多いとは限らない
  • 資金提供してもらっても手数料がかかる

 

しかしTwitterがウォレット化すれば、「〜という挑戦をしますので、資金提供で応援してください。見返りに〇〇をプレゼントします」などと一言でツイートすれば、資金提供される可能性があります。

 

またTwitterは日本国内だけでも4,400万人が利用していますし、ツイートがバズれば世界に一気に拡散されることだってあるでしょう。

 

さらにウォレット同士のやりとりになるので、手数料も少額ですみます。

 

Twitterがウォレット化すれば、上記のように金融やビジネスの可能性が大きく広がります。

 

その③:独自通貨の発行

Twitterの独自の通貨の発行もあり得るでしょう。

 

そのメリットとしては、Twitter上での売買や通貨のやりとりなどで、手数料が安くなったり手間が省けることだと思われます。

 

ただTwitterの独自通貨の発行は、どれほど実現可能性があるかは正直、わかりません。

 

発行されるにしても、Twitterが株式会社であることから次のような特徴の通貨になると予測できます。

  • ガバナンストークン(保有量に応じてサービスについての議決権を持つ通貨)ではない
  • ドルなどに連動するように設計されたステーブルコイン

 

あくまでもTwitter上で、NFTの売買や金融取引をするために設計された通貨という位置付けで落ち着きそうです。

 

Facebook社(現Meta社)も独自通貨「diem」を開発していることから、Twitterが独自通貨を発行しても、まったくおかしくはありません。

 

Twitter内の経済圏ができあがるのも、時間の問題ではないでしょうか?

 

Twitterの予想される懸念

今後のTwitterの動向について、次のことがあると予測してきました。

  1. 独自NFTマーケットプレイスの立ち上げ
  2. 独自の暗号資産ウォレットの開発
  3. 独自通貨の発行

 

しかし、ここには大きな懸念点があり、それは「アカウントバンされたら、ウォレットも凍結されてしまうのでは?」ということです。

 

Twitterは中央集権的なSNSプラットフォームなので、利用規約に反するような投稿やサービス利用をするとアカウントが消される恐れがあります。

 

そしてバンされたとき、ウォレットの扱いがどのようになるのか、という問題ですね。

 

考えられるのは、次の3とおり。

  • アカウントが消されたらウォレットも消える
  • アカウントが消されてもウォレットは残って利用できる
  • アカウントが消されたらウォレットは残るもののTwitterでは利用できない

 

どのようになるかはわかりませんが、ユーザー的にウォレットが消えるか利用できなくなるのは怖いので、アカウントが消えてもウォレットは使えるような仕様になると、希望的な観測はできます。

 

ただ使用方法としては「Twitterにログインしないとウォレットがひらけないようになるのでは?」と予測しています。

 

なぜならあくまでもTwitterがウォレットなので。

 

ブロックチェーンを使ったインターネット(Web3)が目指すのはビッグテックなどの中央集権組織に依存しないインターネットですが、Twitterはそのような仕様にはおそらくならないでしょう。

 

SNSの今後の可能性とは

以上のようなTwitterで見られる動きは、他のSNSでも起こっています。

 

たとえばMeta社もNFTの売買やアイコンへの表示を実装するようです。

 

しかし今後のSNSで起きうる進化は、上記だけではありません。

そこで最後に、今後考えられるSNSの進化として、次の2点をお伝えしておきます。

  1. メタバース空間のNFT連携と経済圏の構築
  2. インターネット上での暗号資産決済

 

その①:メタバース空間のNFT連携と経済圏の構築

メタバースとは仮想現実のことですが、今後SNSはメタバースに移行すると考えられています。

 

その証拠に、Facebook社はその名前を「Meta社」に変更し、さらにメタバースSNS「Horizon Worlds」をアメリカとカナダでリリースしました。

 

動画をご覧になればわかるように、バーチャル世界で人と交流するSNSですね。

 

ここで考えられるのが、アバターやアバターが身につける衣服や道具、そのほかのアイテムがNFTとして取引できるということです。

 

NFTにはアイコン画像だけでなく、ゲーム世界のアイテムや衣服、アバターなどもあります。

 

未来のSNSでは、購入したNFTを「身につける」なんてこともできそうですね!もちろん、他のアバターがつけているNFTが欲しくなったら交換・売買なんかもできるでしょう。

 

そしてもうひとつ考えられるのが、メタバース空間での経済圏の構築です。

 

たとえばMeta社は独自通貨の「diem」を開発しており、「diem」が「Horizon World」で利用できる可能性も想像できます。

 

イメージとしては、アバター同士で会話しながら、必要なときにお金の受け渡しなどができるといった感じでしょうか。(まるでリアル社会で友達からコンビニに行く小銭をもらうように)

 

まさにMeta社の「Horizon World」や「diem」は、今後のSNSの形を象徴する挑戦といえるでしょう。

 

その②:インターネット上での暗号資産決済

Twitterがウォレットになればコンテンツやサービスを買うのに、もはやクレジットカードは不要です。

 

なぜなら暗号資産で取引できるから。

 

今のインターネット上の主流な決済手段はクレジットカードですが、正直クレジットカード情報の入力ってかなりめんどうですよね。

 

また未成年や信用情報にキズのある人は、そもそもクレジットカードを作れないこともあるでしょう。

 

しかし暗号資産ウォレットなら、未成年でも信用情報にキズがあっても作れますし、クレジットカード情報を入力しなくても送金できます。

 

またSNSではありませんが「Opera(オペラ)」というブラウザでは、暗号資産ウォレットがもともと実装されています。

 

なのでNFTマーケットプレイスなど、暗号資産決済に対応としているサービスなら、クレジットカード不要で決済できます。

 

つまり、今後のSNSでは暗号資産決済があたりまえになっていくと想像できます。

 

可能性を感じるには触るしかない

これまでTwitterのNFT対応を中心に、暗号資産系のテクノロジーを導入したSNSがどのように進化するかについて、解説してきました。

 

しかし正直いうと、まだ本当のすごさを理解した方は、そう多くないと思います。

 

なぜなら、本当に理解できるのは、そのサービスを使ったことがある人だけだからです。

 

本記事を読んで「もっとNFTや仮想通貨について知りたい!」と感じた方は、ぜひご自身で触れてみてください。

 

すると、見える世界が圧倒的に変わりますよ。

 

新しいテクノロジーは、それに触ってない人に否定され、触った人に歓迎される傾向になります。

 

SNSが登場したばかりの2005年ごろも、TwitterやFacebookは否定されていました。

 

その時代の変化が、今まさにきています。

  • この記事を書いた人

Web3 JAPAN

Web3 JAPAN|A website for everyone who is interested in Web3 & Cryptocurrency|Web3・DeFi・NFT・P2E・分散型SNSなどの最新+初心者向け情報をどこよりもわかりやすく発信します|編集長たけし(@takeoinvests1)|Web3 JAPANではNFTコレクション「A Cute Stoat NFT Collection」も運営中!

-Crypto, Web3

© 2022 Web3 JAPAN Powered by AFFINGER5